books

長倉顕太さんの本「超一流の二流をめざせ」読了! 過去の不満に両足、未来への不安に両手掴まれ勝手にフリーズしてしまっている人が手に取るべき再起動ツールとなる本です。

更新日:

ついについに長倉顕太さん初の著書が出版されました。
別ブログに主戦場を移して以来、長らく放置していたこちらのブログでの記事書き再始動のモチベーションとしてはこれ以上ない話題でしょ。

スポンサーリンク


⬇こちら

サンマーク出版のサキ読みですでにこの本の第一章を読んでいましたが、もちろん最初から読んでいきました。
ちなみにこの本はサンマーク出版、サキ読みダウンロード歴代1位の数字をたたき出したことでも話題になりました。まっ長倉さんの本ですから当然でしょo (◡‿◡✿)
フォレストから独立されて以降長倉さんが発信されてきたことが究極まで濃縮された言葉となって熱帯びまくりの一冊となっています。
この蒸気立ち込める感じはラスト数十ページ、一切のセリフを使うことなく湘北高校対山王工業の熱戦を描き切った井上雅彦作スラムダンク最終巻に近い感じがあります。

さて本の内容ですが、序章「世界一"残酷"な成功法則」へようこそにおいては、圧倒的富と情報を握るこの世界の1%をシェアを取る大成功者達と残り99%の凡人が共存しているこの世界において、どうやって後者のグループに属する私たち二流凡人が成功を勝ち取っていくのかについての概観が語られます。
さらに第1章「すごい人」にはなれない現実、続く第2章「不安情報社会」の闇ではそういった大成功者達への憧れとその圧倒的存在の前での何者でもない自分への強烈な無力感、不安感を利用した企業や怪しげな情報発信者達のマーケティングに踊らされているだけの凡人達の描写。
と出だしは長倉さんらしく徹底した現実認識から始まり、第3章自分の人生を手に入れる「世界観」のつくり方からいよいよSNS時代に生きる私たち二流凡人がどうやって手かせ足かせ断ち切って行動していけばいいのかについての長倉さんらしい鋭角な提言が示されていきます。
こちらの動画も面白いですよ。

私は昔からビジネス書が好きで本屋さんに行ってもまず直行するのはビジネス書新刊コーナーです。私が大学生の頃というのはビジネス書といえば白い表紙、まじめくさいタイトル、だいたいハードカバーって感じでしたが、ある頃からひときわド派手な視覚がとらえて離さない表紙カバーのビジネス書が登場しだしたことをハッキリと覚えています。

特にこの本はすごかった!

ピンクカバーのビジネス書 (; ̄Д ̄)。事あるごとに読み返してきたマーケティングの傑作本です。
でこの本を読んで以降私はすっかりフォレスト出版のファンになり、フォレストの本はこれまで何冊買ったことかッて感じです。

ちなみに上記神田さんの本は、下記の原田さんとの対談で話されている通り、長倉さんの師匠にあたる中西さんという方が担当された本だそうです。

フォレストの本は表紙カバーがとにかくとんがってて、著者の方々もビジネス書の定番だった有名大学の教授とか、一流企業出身のコンサルとかじゃない、へ~こんな面白い日本人ビジネスマンがいるんだっていう無名だけどエキサイティングな事やってる人みたいな方が多く、面白いわけです。
また本を買ってそれで終わりではなく、メアドを登録すると著者が直接本の内容について語る動画コンテンツが見れたり、音声ファイルがダウンロードできたりとSNS時代にマッチングしたマーケティング手法もフォレスト発のものですね。
そんなこんなで本棚がフォレスト出版の本で占拠されていく中、時が経ち長倉顕太さんの存在を知った日のことはとても印象深く覚えています。
あっやっぱそうだったんだ((((;゜Д゜)))って!
およそ出版社の編集者というイメージからは程遠い風貌に眼光。まさに結果を出し続けてきたスーパービジネスマンッて感じのこの人だからこそ、それまでの常識を打ち破るようなビジネス書が世に送り出され続けてきたのかっていうのが納得できたわけです。

私の現在のビジネスの活動拠点はebay輸出を中心としたネットビジネスになりますが、この世界の裾野を一気に広げることになった小玉さんのこちらの本を世に送り出したのも長倉さんですね。

コンサル風景の動画がこちら。

今ではすっかりネットビジネスコアパーソンになった小玉さんが人から指導を受けてる動画というのも珍しいのかも。

そのネットビジネスの世界で私が打ち込んでいるebay輸出の草分け的存在な吉田ゆうすけさんが、昨年初となる本を出版されました。これが驚いたことにすでに類書がたくさん出ていたamazon輸出のハウツー本だったので、ちとがっかりしていてところ、長倉さんがその出版を記念して対談動画を公表されました。
長倉さんと吉田さん( ̄(エ) ̄)ゞってなんか以外な感じがしました。
そん時書いた記事がこちら。


私的には夢の共演です。元祖eaby輸出の吉田ゆうすけさんとカリスマ編集者の長倉顕太さんによる「確実に稼げる Amazon輸出 副業入門」出版記念対談(/^▽^)/ | さあebay輸出という大海原へ! 出港,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

上の記事でも書きましたが、その冒頭の長倉さんの言葉が刺さりましたね。ヤッパ見てる人は見てるんだって思いました。
対談の中でも言われていましたが、ぜひ長倉さんプロデュースで吉田さんの本、出版してほしいと思いますね。

出版社独立後の長倉さんがそうであったように、フェイスブックやYouTube動画、ブログを駆使することにより、自分のキャラクターをブランディングしマネタイズしていくことが可能な社会です。私のようにebayなどのプラットフォームを利用することで、一個人が世界の人達を相手に物販が展開できる、そんな素晴らしい社会の中でさえなかなか行動に移すことのできない人にこそ「超一流の二流をめざせ!」は読むべきだと思います。
ではでは今日はこの辺で。

-books
-

Copyright© 英語×Mac≒時々Monetize , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.