presentation TED

TED エベレスト登頂へのアタックの最中に起こった突然の嵐。5人が絶命するという極限の状況の中、たった1人医師として現場にいたKen Kamler氏が教えてくれた奇跡の物語。

更新日:

p597.jpg.scaled1000
今月18日に登山家の栗城史多さんが、通算4度目の挑戦となるエベレスト登頂を断念され、下山後は両手指および両足指と鼻の凍傷が深刻な状況にあるため入院中であるというニュースにはとても驚きました。栗城さんのwebsiteでは

今は点滴も終わり、解熱剤で少し調子が良くなっています。肝心の指の方は、左手親指と両手の指数本は、第一関節から切断することになりそうです。

とあり凄まじい状況の中での登山だったんだなということがわかります。

栗城史多オフィシャルブログ Powered by Ameba


デジタルガジェットを駆使して、普通なら垣間見ることのできない世界の映像を私達に送り続けてくれた栗城さん。著書2冊を読んで以来、すごい日本人がいるな〜とめっちゃ力を与えてくれた人なので、栗城さんの一日も早い回復を願ってこのTED動画を紹介したいと思います。

ケン・カムラー: エベレストにて、奇跡の生還 | Video on TED.com


プレゼンターのKen氏のバイオグラフィー欄は下記のようになっています。

Ken Kamler has practiced medicine in some of the most extreme conditions on Earth -- from the Andes mountains to the Antarctic ice to the Amazon rainforest. Many of his expeditions have been in concert with National Geographic, helping teams to carry out geological research and precision mapping less traveled areas of the world. He has also served as the chief high altitude physician in research by NASA, helping examine the human body’s response to high altitudes.

普通の医者であれば尻ごみするであろう極限の状況下で医療活動を行われてきた方のようです。このプレゼンではKen氏が巻き込まれることになったエベレストで起きた史上最悪の遭難事件についてvividなスライドと共にその時の貴重な体験について話をされます。

⬇これが標高8848メートルのエベレスト。
p595.jpg.scaled1000

Everest is an extreme environment. There's only one third as much oxygen at the summit as there is at sea level. Near the summit, temperatures can be 40 degrees below zero. You can have winds 20 to 40 miles an hour.

乏しい酸素に凍るような寒さ、それに恐ろしい強風が吹き荒れることもあります。

⬇これがKen氏たちのパーティーが取った登山ルート。登頂まで4つのキャンプがあります。
p593.jpg.scaled1000

⬇Ken氏がテントの中でヤク4頭分の医療資材を整理しているところ。
p591.jpg.scaled1000

⬇Ken氏が所属していたparty。
IMG_27371.png.scaled1000

⬇cefall(凍結した滝)を下から眺めたスライド。
p589.jpg.scaled1000

⬇こちらもicefall。息をのむほど美しいですね。
p587.jpg.scaled1000

It's a waterfall, but it's frozen, but it moves very slowly, and it actually changes every day. When you're in it, you're like a rat in a maze; you can't even see over the top.

icefallの中にいると向こう側が見えないので迷路の中のネズミのような感じになるそうです。

⬇Ken氏がクレバスを渡っているところ。怖すぎです。クレバスの恐怖についてKen氏はこう述べられています。
p585.jpg.scaled1000

p583.jpg.scaled1000

Some of these things are 10 stories deep or more, and one of my climbing says that the reason we actually climb at night is because, if we ever saw the bottom of what we're climbing over, we would never do it.

夜中に登山をするのはクレバスの底を見ないようにするためだ。見てしまったら2度とクレバスを渡るようなことはしないだろうと。

⬇これは3番目のキャンプからの眺め。後ろにエベレストの頂上が見えます。真っ黒です。理由は、
p581.jpg.scaled1000

If you notice, the summit of Everest is black. There's no ice over it. And that's
because Everest is so high, it's in the jet stream, and winds are constantly scouring the face, so no snow gets to accumulate. What looks like a cloud behind the summit ridge is actually snow being blown off the summit.

ジェットストリームが吹き荒れているので雪など積もらないんですね。

“scouring the face” はヴィジュアルな英語です。風がサミットの雪を吹き飛ばしてきれいにしている感じです。

⬇何と美しい光景でしょうか。キャンプ3からキャンプ4へ向かう雲の中だそうです。
p579.jpg.scaled1000

⬇最終地点キャンプ4でアタックの機会を待っている隊員たち。今は頂上で風が吹きあがっています。
p575.jpg.scaled1000

⬇夜になって風が止みいよいよ頂上へのアタック開始です。
p573.jpg.scaled1000

So here are some climbers starting out for the summit on what's called the triangular face. It's the first part of climb. It's done in the dark, because it's actually less steep than what comes next,and you can gain daylight hours if you do this in the dark.

まだそれほど急斜面でないところを夜のうちに通過し日中の時間を確保するそうです。

⬇そしてこの最終段階になって,エベレストがアタックを試みる隊員たちに牙をむきました。Ken氏もはじめて経験するというすさまじい風が突然吹き出します。
p571.jpg.scaled1000

⬇このときアタックを試みていた隊員たちがいたのは、まさにその嵐の真っただ中だったのです。
(矢印の部分)
p567.jpg.scaled1000

⬇第3キャンプで待機していたKen氏のテントにも容赦のない風が襲いかかります。
p569.jpg.scaled1000

The storm was so fierce that we had to lay. fully dressed, fully equipped, laid out on the tent floor to stop the tent from blowing off the mountain. It was the worst winds I've ever seen. And the climbers up on the ridge were that much higher, 2,000 feet higher, and completely exposed to the elements.

stop A from V-ing (AがVするのを妨げる)

be exposed to~ (~にさらされる)

などの表現は各種英語の試験でもよくでてきますね。

⬇その嵐のさなかにいた隊員の一人が下のスライドのRob Hall。
p577.jpg.scaled1000

Rob氏はこの時無線をもっていて、いよいよ自分の体力の限界を悟った時、無線をニュージーランドの自宅にいる奥さんにつないでほしいと頼みます。この時奥さんは妊娠7カ月。Rob氏との間に宿った最初の命でした。

His wife was home in New Zealand, seven months pregnant with their first child. And Rob asked to be patched into her. That was done. And Rob and his wife had their last conversation. They picked the name for their baby. Rob then signed off, and that was the last we ever heard of him.

最後の奥さんとの会話で赤ちゃんの名前を決め、Rob氏は無線を切りました。

p565.jpg.scaled1000

⬇この時Ken氏は下山してきた隊員たちの応急手当に追われていました。
p563.jpg.scaled1000

This is taken from camp three, where I was. And they all came by me so I could take a look at them and see what I could do for them, which is really not much because camp three is a little notch cut in the ice in the middle of a 45 degree angle. You can barely stand outside the tent. It's really cold. It's 24,000 feet.

といっても、標高7300メートル、傾斜45度の氷の切りこみ(notch)にあるキャンプ3の中ですから医療行為を行うにはあまりにも過酷です。そこでKen氏は患者たちを治療のしやすい高度6100の地点まで下ろし、処置を続けます。

⬇ひどい凍傷(frostbite)にかかっています。
p561.jpg.scaled1000

⬇処置を続ける最中一つの奇跡が起こります。死んだと思われていた隊員Beck氏がどこからともなくテントに現れます。
p559.jpg.scaled1000

As I was taking care of these climbers, we got a startling experience. Out of
nowhere, Beck Weathers, who we had already been told was dead, stumbled into the tent, just like a mummy, he walked into the tent. I expected him to be
incoherent, but, in fact, he walked into the tent and said to me, "Hi, Ken. Where should I sit?" And then he said, "Do you accept my health insurance?" (Laughter) He really said that. (Laughter) So he was completely lucid, but he was very severely frostbitten. You can see his hand is completely white, and his face, his nose, is burned.

肉体的にはとっくに死んでいてもおかしくないのに、意志の力だけで36時間も雪の中に倒れていた自分自身を奮い立たせ、Ken氏のいるテントまでたどり着いたのです。この時Beck氏の脳の中でなにが起こっていたのかをKen氏はプレゼンの中でくわしく説明されていますので是非ご覧になってほしいと思います。

⬇Beck氏を含め生存者たちはヘリコプターによってカトマンズの診療所まで運ばれて行きました。史上最高地点での救助活動だったそうです。
p555.jpg.scaled1000

p553.jpg.scaled1000

Luckily, we were able to get a helicopter in to rescue these guys. A helicopter came in at 21,000 feet and carried out the highest helicopter rescue in history. It was able to land on the ice, take away Beck and the other survivors, one by one, and get them off to Kathmandu in a clinic before we even got back to base camp.

⬇数日後ベースキャンプにて追悼式が行われました。
IMG_27381-1.png.scaled1000

p551.jpg.scaled1000

あまりにインパクトの強いプレゼンでまだ自分の中では消化しきれていませんが、命、仲間、プロフェッショナル、勇気、有限、意志などいろんなキーワードが頭の中を飛び回っています。

貴重な体験をTEDの舞台で話してくださったKen Kamler氏には心から感謝したいと思います。

全スクリプトはこちら
PDF


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

-presentation, TED
-,

Copyright© 英語×Mac≒時々Monetize , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.