TED

TED 死と隣り合わせの環境下、永遠に無給の単純労働を強いられる人々がいる。プレゼンターリサ・クリスティンが光を当てた、今なお存在する全世界2300万人の現代奴隷という闇

更新日:

IMG_4730

『It's all around us.We just don't see it.』私たちの周りにありふれて存在しているのに、ただ単に見えていないだけ。こんな言葉をプレゼンタークリスティンさんがおっしゃっていましたが、奴隷という言葉は教科書に出てくる歴史の1ページかと殆どの人は思っている、いや普段意識することさえないのかもしれません。

IMG_4721

日常生活の中においても"あいつ彼女の奴隷やで!"みたいに単なる冗談の中でしか聞かれることのない軽い言葉でしかないのかもしれません。
でもそんな奴隷という立場に生まれ育ち死んでいく人たちがこの時代にも存在していることを知ったとしたら… 
自分が奴隷という立場に置かれていることに気づくことさえなく一生を終えていく人たちがいるとしたら…

プレゼンタークリスティンさんによると少なく見積もっても

IMG_4722

もの人々が奴隷的立場に追いやられ、彼らを搾取して得られる経済的利益が、

IMG_4723

Today's slavery is about commerce, so the goods that enslaved people produce have value, but the people producing them are disposable.

すべてはお金のためであり、奴隷が作り出す商品には価値があれど、それらを作り出す彼らは使い捨てられる代替物でしかないのです。
このTEDのプレゼンでは写真家クリスティンさんが、現代奴隷根絶のためのNGO組織"Free the Slaves"と行動を共にし、世界で目にしてきた現代奴隷達の知られざる実態を写真を通し、世の中の人々に晒すことで、少しでも彼らの悲惨な現状を改善していくことを訴えかけられています。
全部で6つのカテゴリーにおいて今この時にも、ただひたすら命を削りながら強制労働に明け暮れる毎日を余儀なくされている人々の実態が写真に映し出されています。

1.

IMG_4739

⬇地獄絵図のようなレンガ製造現場

IMG_4725

IMG_4727

2.

IMG_4740

⬇自分の体重よりも思い石板を何キロも運ばされるヒマラヤの子どもたち。

IMG_4728

3.

IMG_4741

⬇外界とは一切遮断された強制売春宿。7歳の子どもたちまでいるそうです。

IMG_4729

4.

IMG_4742

⬇有毒の染料で絹を染め続ける奴隷一家。衝撃的な写真です。

IMG_4730

⬇人間の皮膚の色を取り戻せる日がくるのでしょうか。

IMG_4746

5.

IMG_4743

⬇世界最大の人造湖ヴォルタ湖で漁をする少年奴隷たち。泳ぐことすら教わっていないのに…

IMG_4731

IMG_4732

6.

IMG_4744

⬇水銀で汚染された水の中で金を採取する奴隷達。こんな環境で子供を抱えたまま強制労働を強いられています。

IMG_4733

IMG_4734

These images are not of issues. They are of people, real people, like you and me, all deserving of the same rights, dignity and respect in their lives.

こうクリスティンがおっしゃっているように彼らは紛れもなく私達と同じ人間です。それなのになぜ、こんなことが今なお、現実として存在しているのでしょうか?人間が人間を使い捨てることが許されているのでしょうか?
プレゼンの最後クリスティンさんが残された言葉。

I hope that these images awaken a force
in those who view them, people like you, and I hope that force will ignite a fire, and that fire will shine a light on slavery, for without that light, the beast of bondage can continue to live in the shadows.

"awaken"や "ignite" という動詞がオーディエンスの心を揺さぶります。

普通に生活していたら、決して知ることがなかったであろう現代奴隷という信じがたい現実を、見るものの心をダイレクトに揺さぶる写真を数多く披露することにより教えてくれたクリスティンさんには、会場から惜しみないスタンディングオベーションがおこっていました。

IMG_4738

IMG_4736

参考文献

全スクリプトはこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterボタン

follow us in feedly

-TED
-

Copyright© 英語×Mac≒時々Monetize , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.