English reading

Jobsの望んだ通りAppleは確かに世界を変えた。でもその世界には数十億の貧しい人達が属する国々は入ってはいない。まだAppleは全世界を変えてはいないんだ。

投稿日:

Street Children
Street Children / Sumanth Garakarajula

How Apple Could Really Change the World | Cult of Mac

Apple Chairman Steve Jobs has always wanted Apple to “change the world.” Of course it has, but only the wealthy, tech-savvy, privileged part of the world. Despite its incredible success, Apple hasn’t changed the world for billions of poor people.

“Steve Jobsの望み通り、Appleは世界をかえた。でもその世界に含まれるのは裕福で、テクノロジーに長けた、経済的に豊かな国々だけだ。Appleは数十億の貧しい人間が属する世界にについては、まだ何も変えていないんだよ。” という挑発的な出だしで始まるこの記事が面白かったのでクリッピングです。この記事を書かれたMike Elgan氏は、上記貧困にあえぐ人々の属する世界をAppleがどう変えていけばいいのかということまで具体的に提案されていて、これでもかと脳みそを刺激してくれました。最後のこの一文の面白さが分かった人はかなりのJobs通?!(^_−)−☆

Apple: Do you want to sell luxury goods to rich people for the rest of your life? Or do you want to listen to me and change the world?

-English, reading

Copyright© 英語×Mac≒時々Monetize , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.